第一印象と仕事への姿勢が肝心

学校を卒業して、新卒で就職活動をするのは大変な不安があると思います。
今までは学校での経験しかないのが、実際に社会に出て仕事をすることが出来るのだろうか、と心配の種は尽きることがないでしょう。
また希望の就職先がIT関連であったり、実務経験がないほとんど未経験なのにシステムエンジニアを目指していたりすると、その不安要素はいくらでも出てきます。
では実際にシステムエンジニアとして働いている人は、最初から実務経験があったのでしょうか。

実は、最初は誰でも未経験からのスタートなのです。
就職する企業によって違いはあると思いますが、採用した企業は未経験の人材をこれから育てていこうと考えています。
入社して最初の仕事はとても簡単な仕事から始まります。
気が抜けるほどに簡単な仕事から入りますので、おろそかにしてしまう人もいるでしょう。ですが、この最初に教えられた仕事が、これからの仕事の準備であることを頭においておかなくてはいけません。

企業によって教育の仕方に違いはありますが、企業としての考え方や方針というものは最初の仕事の中に実はあることが多いのです。
それを見逃してしまうか、見つけることが出来るかは注意力によるところが大きいように思います。
簡単な仕事だと気を抜かずに、しっかりと確実に仕事を覚えるところから何事も始まると考えておきましょう。

また、最初の仕事に対する姿勢や処理能力などをしっかり評価されていることも忘れてはいけません。
最初についた印象は、後々まで影響しますので最初が肝心です。
特に、システムエンジニアの仕事は信用が大切です。
信用は時間をかけて積み重ねた成果ですから、与えられた仕事を確実に成功させていくことがいかに大切かが分かるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です